インターネット季節版・七十ニ候にほんのり温かい感じ

インターネットのサイトには季節感のある絵模様、お正月は富士山に初日の出といういい風景です。
12月はサンタやトナカイなどクリスマスの一枚、パソコンはコンピューターというソフト面の機械ですが、冬でもあたたかさを感じます。

お正月の期間としては一週間が経過した時期の松の内とか、お供えしたお餅をお汁粉にして食す11日の鏡餅の季節行事ですね。
こうして新たな一年は、日にちが経過しながら気分は通常という感じですが、一月中には新年の行事がいろいろあるので時々お正月の気分。

ネットのページは新年のいい雰囲気の季節版でもあるし、福袋のセールがYahoo!や楽天などにもありますね。
初旬には季節の節目で小寒があり2週間後は大寒のころ、季節としては寒いけれど二十四節気で七十ニ候は「水泉動(しみず あたたかをふくむ)」という時期。

「あたたかをふくむ」ので1月の寒中や節分、翌日の立春をすごしながら春に向かいつつあるということ、春を待つのは長いですが心がほんのりと温かいです。すっぽん小町 薬局

P9liteとZENFONE3の照合に入りました

最近まで安価携帯の目線だったACER・Z530は旬アップデートすると故障が頻発するという不服が出ていたので外してしまいました。
数日前にメールオーダーサイトで見た状況2万円割れしていたので危うくポチって仕舞うポイントだったので現在花盛り胸をなでおろしているところです。
Z530に代わってこれからのターゲットになるのがP9liteと未だに未販売のZENFONE3だ。
先に売られているHOWEIのP9liteはもはや某検討ページの呼び物タイプの上位に時点インしており、ジャッジメントもだいたい完全ので1程度に至るのもチャンスの問題ではないかと思えるあたりですが、さっそくプラモデルから何からどれをとっても惚れ惚れしてしまい、一気に欲しくなってしまいました。
ZENFONE3との違いはが五臓六腑メモリーがちょこっと狭苦しい訳くらいであとはほとんど同じレベルのように映り甲乙つけがたい印象です。
しかも価格的にも一緒のこれは買いなのですがひとまずZENFONE3が発売されるまで待つことにしますが、
どちらかに決めなければならない身は後で本当に苦しむと思います。脱毛ラボ 単発